占い師ももっている特殊能力

占い師は霊感・霊視・透視など特殊能力をもっている人がたくさんいます。
特殊能力とはどういったものがあるのでしょうか?限られた人間しかもっていない特殊能力についてまとめてみました。

霊視

霊視とは、霊的に見る事。
つまり肉体的な感覚器は用いずにみること。あるいは霊的な存在で見る事です。

こうした人たちは霊能者・霊能力者と言われています。

霊能者によって見え方は様々で違っているといいます。霊能者の多くは、目を半眼にするか閉じるかして、頭の中のスクリーンに映った映像を読む事ができるそうです。

占い師に多く、道具を使わずとも当てることができる不思議な存在です。
 
 

絶対音感

これは誰でも聞いた事があると思います。絶対音感は、他の音と比較することなく聴いた音や耳に入った音さえも的確に識別でき再現できます。
サイレンやエンジン音でも再現可能で、遺伝的な物なのか訓練によって得られるものなのかはについては様々な意見があるそうです。

学校に一人はいたんじゃないでしょうか?とても羨ましい存在です。
 
 

共感覚

数や文字に色がついている、ある言葉を聞くと味がするといった二つの異なる感覚が混同する事を共感覚といいます。
ある知覚の刺激が無意識のうちに別の近く経路につながってしまう為、そうなるそうです。
大抵は遺伝子に寄る事が多く、文字や数、シンボルに色が付いているという書記素色覚のケースが一般的です。

文字に色がついている世界はカラフルで可愛らしい世界が広がっていそうですね。
 
 

スーパー暗算

大きな数の掛け算が頭の中で、しかもとてつもなく早くできる、暗算に長けた数学者などの人達がいます。
特に暗算トレーニングを受けたわけでもない人が暗算に特異な能力を発揮するケースがあり、最近の研究では計算に関わる脳の部位の血流が通常の6倍から7倍であることから普通の人より計算が速いのではないかと言われているそうです。

買い物にいった際も頭の中ですぐ計算できるのは凄い便利そうです。
 
 

スーパーテイスター

普通の人より味覚が鋭い人をスーパーテイスターといいます。
味覚のセンサーである舌先のキノコ状乳頭突起がほかの人より特殊だそうで、甘さ、塩辛さ、苦み、すっぱさ、うまみ5種類の味覚の中でとくに苦みに敏感だそうです。

スーパーテイスターは女性アジア人、アフリカ人に多いそうです。
 
 

直感記憶

見聞きしたことを写真のようにそっくりそのまま鮮明に記憶する能力。
円周率を10万桁まで暗記した人もいるそうです。大人になるとこの能力がなくなる人が多く、男女比は同じで、訓練によって習得するのは難しいとされています。
 
 
色々な特殊能力がありますね。普通の人間からするととても全部羨ましいです。

thyon